練炭で労働者が一酸化炭素中毒に 元請・下請を送検 札幌中央労基署

2018.01.10 【送検記事】

 北海道・札幌中央労働基準監督署は、平成2812月に発生した下請企業の労働者が一酸化炭素中毒で4日以上休業した労働災害の件で、共に建設業で元請企業の㈲ニックス(北海道札幌市白石区)と同社現場代理人、および下請企業のホームテック㈱(北海道札幌市東区)と同社現場責任者の計1法人2人を労働安全衛生法違反の容疑で札幌地検に書類送検した。

 被災した労働者は養生テント内でコンクリートを乾かす目的で練炭を使用していた。

 ニックスは元請の立場で下請との連絡・調整を行わなかったとして同法第30条(特定元方事業者等の講ずべき措置)違反で処分されている。ホームテックは密閉された環境で練炭を使った作業をさせる際に、換気装置を設ける、呼吸用保護具を備えるなどの対策を講じなかったとして、同法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反で処分された。

【平成2911月6日送検】

あわせて読みたい

ページトップ