ベルトコンベアに覆いせず巻き込まれ 生コン業者を書類送検 十日町労基署

2018.03.19 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新潟・十日町労働基準監督署は、ベルトコンベアの巻き込まれ対策を怠っていたとして、生コンクリート製造販売業の三和生コン㈱(新潟県十日町市)と同社取締役工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで新潟地検長岡支部に書類送検した。

 平成29年12月、同社労働者がベルトコンベアの点検作業をさせていたところ、左腕を巻き込まれ、切断する労働災害が発生した。労働安全衛生規則では、機械の回転軸や歯車、ベルト等の労働者に危険を及ぼすおそれのある部分について、覆い、囲いなどを設けなければならないとしている。しかし、同社はその措置を講じていなかった。

【平成30年2月14日送検】

あわせて読みたい

ページトップ