ベルトコンベヤー付近の清掃中に巻き込まれ死亡 覆いなど設けず 北大阪労基署

2019.08.20 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪・北大阪労働基準監督署は、ベルトコンベヤーの歯車に覆いなどを設けなかったとして、道の舗装などに使うインターロッキングブロックを製造する荒木産業㈱(大阪府大東市)と同社工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。

 平成31年3月、同社工場において、労働者がベルトコンベヤーの下の床を掃除していたところ、ベルトコンベヤーのチェーンと歯車の間に作業着が巻き込まれ、頸部圧迫により死亡する労働災害が発生した。同社は、覆いなどを設けるといった労働安全衛生規則第101条で定められた危険防止措置を講じていなかった。

【令和元年7月2日送検】

 

あわせて読みたい

ページトップ