アート引越センターを送検 月225時間残業させる 王子労基署

2018.01.29 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・王子労働基準監督署(白浜弘幸署長)は労働者5人に違法な時間外労働をさせたとして、引越し事業を全国展開するアートコーポレーション㈱(大阪府大阪市)と同社の京北支店長を労働基準法第32条(労働時間)の疑いで東京地検に書類送検した。

  「アート引越センター」でお馴染みの同社。京北支店では月195時間を限度とする特別条項付き36協定を締結していた。しかし、平成27年3月の1カ月間、引越し作業に従事する労働者5人に対し協定を超える時間外労働をさせた。時間外労働は最長の者で1カ月225時間57分に上った。1日の労働時間が22時間近くになった日もあったという。残業代は適正に支払われていた。

  同労基署では繰り返し是正指導を行っていたが、改善がみられなかったため、送検に至った。

 【平成30年1月19日送検】

あわせて読みたい

ページトップ