本人から「治療したい」と相談で発覚 労災かくしで建設業者送検 室蘭労基署

2018.01.24 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

画像はイメージです

 北海道・室蘭労働基準監督署は、労働者死傷病報告書を提出しなかったとして、建設業の㈱オカザキと同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で札幌地検室蘭支部に書類送検した。

 同社は平成29年1月、下請として入場していた伊達市内の橋補修工事現場において、労働者が頸髄や両手指を負傷する休業期間18日の労働災害を起こしたにもかかわらず、労災発生の報告を怠っていた。

 後日、被災した労働者が「また痛みが出たので、労災保険を使って治療をしたい」と同労基署に相談したことが捜査の端緒となっている。

【平成291212日送検】

あわせて読みたい

ページトップ