タンク防蝕塗装中に墜落災害 元請・下請を送検 室蘭労基署

2018.01.26 【送検記事】

 北海道・室蘭労働基準監督署は、平成2812月に発生した労働者が死亡する労働災害で、計2社2法人を札幌地検室蘭支部に書類送検した。

 送検されたのはいずれも建設業で元請の㈱西原環境(東京都港区)と同社現場代理人、下請の㈱レイズクリエート(北海道札幌市豊平区)と現場代理人。適用条文は西原環境が労働安全衛生法第31条(注文者の講ずべき措置)、レイズクリエートが同法第21条(事業者の講ずべき措置等)だった。

 両社はそれぞれの立場で、レイズクリエートの労働者が地上からの高さ13.8メートルの単管足場のうえで作業を行う際、手すりなどの墜落防止措置を講じなかった疑い。タンクの防蝕塗装中に、労働者が墜落して死亡している。

【平成291221日送検】

あわせて読みたい

ページトップ