歯車に覆いせず 河川工事業者を書類送検 亀戸労基署

2017.12.14 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・亀戸労働基準監督署は、歯車部分に覆いをするなどの危険防止措置を採らなかったとして、河川工事などを行う㈱中川船舶(東京都中央区)と同社代表取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで東京地検に書類送検した。

 平成26年12月、停泊中の船舶上で、同社労働者がアンカー用のワイヤーロープを入れ替えて機械に巻き取っていたところ、回転中の歯車に接触し、左足を切断する労働災害が発生した。歯車は側面に複数穴が空いており、覆いなどがされていなかった。同労基署は、その穴に足を挟んだのではないかとみている。

【平成29年11月21日送検】

あわせて読みたい

ページトップ