【今週の労務書】『「仕事を任せる」インバスケット法』

2013.09.02 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

仕事の役割明確に区分

Amazonにリンクします

 本書は、忙しいリーダーにとって必要な「人に仕事を任せる」スキルをインバスケット法により体得していくための指南書。

 インバスケット法とは、意思決定が必要となる案件を一定時間内に大量に処理させる訓練技法。緊急入院することになった小企業の社長になりきり、㈱インバスケット研究所代表を務める著者が提示する20題の案件を処理するなかで、「自分がするべき仕事と任せる仕事の境界線」「任せた後の支援体制の整え方」「部下のモチベーションを最大化させる裏ワザ」などを学ぶ。

 つい仕事を抱え込んでしまうという管理者のほか、部下に仕事を任せて拒否された経験のあるリーダーにも薦めたい一冊。

(島原隆志著、ぱる出版刊、TEL:03-3353-2835、本体1500円+税)

平成25年9月2日第2935号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ