製品検査中にフォークリフトに接触 死亡災害で製造業者を送検 津山労基署

2017.08.09 【送検記事】

 岡山・津山労働基準監督署は、フォークリフトとの接触災害を防止しなかったとして、ベアリングなどを製造しているアサヒフォージ㈱(岐阜県美濃市)と同社岡山真庭工場(岡山県真庭市)の工場長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で岡山地検津山支部に書類送検した。平成29年5月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 同社は、被災者に製品検査作業を行わせる際、フォークリフトおよびその運搬する荷物に接触する危険のある場所へ立ち入らせた疑い。被災者は走行中のフォークリフトと接触している。

【平成29年7月18日送検】

あわせて読みたい

ページトップ