違反事業場の6割以上「最賃額知らなかった」 愛知労働局・監督結果

2017.07.04 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知労働局は平成29年1~3月、最低賃金額額履行確保を目的とした集中的な監督指導を実施し、結果を取りまとめた。同県では昨年10月の改定によって、最賃額が820円から25円アップして845円となっている。

 554事業場へ監督を行っており、最賃未満で働かせていた事業場は25%に相当する136件だった。このうち、改定前の820円未満の賃金で働かせていたケースが111事業場でみられた。

 違反していた事業場に最賃に対する認識を聞いており、最賃額を知っている事業場が33.8%だったのに対し、「知らない」とした事業場は66.2%だった。「高齢者には適用されないと思っていた」「パート・アルバイトには適用されないと思っていた」などと、最賃以上の支払いをしていない理由を挙げた事業場もあった。

あわせて読みたい

ページトップ