2022年1月配信の労働関連コラム

2022.01.30 【監督指導動向】
違反率65.4% 技能実習関係の監督結果 岩手労働局・令和2年分

 岩手労働局は、外国人技能実習生の実習実施者を対象に令和2年に実施した監督指導結果を公表した。104事業場に対して行い、68事業場(65.4%)で労働基準関係法令違反が発覚している。  違反項目は、「安全基準」が19件で最も多く、「健康診断の結果に関する医師などから意見聴取」が18件で続いた。  監督指導事例も明らかにしている。具体的には……[続きを読む]

2022.01.30 【社労士プラザ】
縁の下の力持ちに/社会保険労務士法人SRK 代表社員 濵 民恵

 当事務所は、平成29年4月2日に個人事務所から法人化し、現在は5期目となっている。働き方改革関連法に始まり、労働施策総合推進法、育児・介護休業法、厚生年金保険法、高齢者雇用安定法、雇用保険法など、企業の人事に関する法改正が続く大きな変化のなかにいる。  社会保険労務士倫理綱領にある社労士の義務と責任を常に軸とすることを心掛けている。  ……[続きを読む]

2022.01.29 【書評】
【今週の労務書】『外国人を雇うときこれだけは知っておきたい実務と労務管理』

入国から順を追い解説  少子高齢化がかつてないスピードで進行し、「人材確保」が企業の存亡を左右するキーワードになっている。外国人雇用など縁遠いことだと思っていたが、「ついにわが社でも」という企業も少なくないだろう。  本書は初めて外国人を雇用する企業の人事・法務担当者を読者に想定し、入管手続きや在留資格の基礎知識から労務管理のノウハウまで……[続きを読む]

2022.01.29 【労働法超入門】
【労働法超入門】改正育介法と育休給付の整備

 改正育介法により、出生時育児休業が創設され、休業の分割が可能になるなど、休業制度利用の選択肢が広がりました。  それにリンクする形で、雇用保険の給付に関する規定も整備されました。こちらの施行も、令和4年10月1日です。  育児休業給付は、10年ほど前までは、育児休業基本給付金と育児休業者職場復帰給付金の2本立てとなっていました。しかし、……[続きを読む]

2022.01.28 【労働行政最新情報】
技能実習法に基づく行政処分等(令和4年1月28日付)(厚労省)

 出入国在留管理庁と厚生労働省は、令和4年1月28日付けで、株式会社稲垣鉄工、株式会社奥岡技研、クラバットユキジ株式会社、有限会社松研社、株式会社須田商事、株式会社ダイマツ、株式会社TKB、有限会社中津漬物、有限会社二井産業、株式会社フクオカ、及び株式会社YUKA MOLDINGに対し、技能実習計画の認定の取消しを通知した。 ▼詳しくはこ……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。