2020年3月配信の労働関連コラム

2020.03.31 【送検記事】
労働者20人に賃金支払わず 飲食店経営会社を送検 新潟労基署

 新潟労働基準監督署は、所定日に賃金を支払わなかったとして、飲食業の合同会社ピピ(新潟県長岡市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで新潟地検に書類送検した。  同社は、ヒノマルステーキ長岡店(新潟県長岡市)とヒノマルステーキ新潟西店(新潟県新潟市)を経営していた。両店で働くアルバイト労働者19人と正社員1人に対……[続きを読む]

2020.03.30 【送検記事】
安全装置なく爆発で死亡災害 プラント施工業者を送検 福岡労働局

 福岡労働局は、安全装置が備えられていないタンクを使用させていたとして、プラント設計・施工事業を営む6次下請の㈲フジ・グローバル・ジャパン(静岡県富士宮市)と同社会長および現場責任者である4次下請会社役員の計1社2人を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置など)違反などの疑いで福岡地検飯塚支部に書類送検した。平成30年10月13日、……[続きを読む]

2020.03.29 【送検記事】
支柱パイプの水平つなぎ1方向にしか設けず送検 労働者5人が床ごと墜落 品川労基署

 東京・品川労働基準監督署は、型枠支保工の支柱を十分に設けなったとして、元請業者の東急建設㈱(東京都渋谷区、寺田光宏代表取締役)と同社工事現場担当者および下請業者である型枠支保持工設置担当の㈱小島建設(東京都武蔵村山市、小島紀彦代表取締役)と同社工事職長の計2社2人を、労働安全衛生法第31条(注文者の講ずべき措置)や同法第20条(事業者の……[続きを読む]

2020.03.29 【社労士プラザ】
「ホワイト事務所」の実現/福岡労務経営事務所 代表 福岡 英一

 大手生命保険会社を定年退職後の平成20年8月の社労士試験に合格し、翌年9月、福岡労務経営事務所を立ち上げた。  その後、23年8月の社労士試験に娘の鎌倉美智子が合格し、親と娘で事業を営むようになった。  そして、知り合いの社労士等に依頼するような形で組織拡大を図った。  現在は、ハローワーク募集、ならびに採用サイトを使った募集に切り替え……[続きを読む]

2020.03.28 【労働法超入門】
【労働法超入門】時間外の上限規制

 働き方改革法の第1の目玉は、時間外上限規制の強化です。特別条項を結べば「青天井」で時間外労働が可能な点は、古くから問題視されていました。  しかし、「上限を設けると月の途中で生産をストップさせるほかなくなる」といった反対意見があり、なかなか抜本的な対策を講じることができませんでした。  平成31年4月改正では、これまで指針で定められてい……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。