『運輸業』の労働関連コラム

2021.03.03 【Web限定ニュース】
コロナ禍の経営者のストレス 「非常に増えた」が27% 大阪シティ信金調べ NEW

 大阪シティ信用金庫は、コロナ禍における経営者の労働時間とストレスに関する調査結果をまとめた。コロナ禍以前と比べたストレスについて「非常に増えた」とする回答が、全体の27.0%を占めている。「少し増えた」は51.0%で、合計78.0%が増えたと感じている。  「非常に増えた」と「少し増えた」の合計を業種別にみると、最も高かったのは運輸業の……[続きを読む]

2021.02.01 【送検記事】
36協定の届出なく残業させ 運送業者を送検 春日部労基署

 埼玉・春日部労働基準監督署は、違法な時間外労働を行わせたとして運送業の㈱浅井物流サービス(埼玉県草加市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いでさいたま地検に書類送検した。  同社は36協定(時間外・休日労働に関する協定)の締結・届出をしていないにもかかわらず、平成30年1月21日~3月20日の約2カ月間、トラッ……[続きを読む]

2021.01.05 【送検記事】
冷凍車で労働者死亡 酸素濃度測定器の設置怠った運送業者を送検 静岡労基署

 静岡労働基準監督署は、液体窒素を用いる冷凍車に酸素濃度測定器具を設置していなかったとして、運送業のカネ儀運輸㈲(静岡県焼津市)と同社専務取締役を安全衛生法第22条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで静岡地検に書類送検した。冷凍車の荷台に入った労働者が急性窒息で死亡している。  災害は令和2年5月17日、取引先の事業場内で発生した。労働……[続きを読む]

2021.01.04 【監督指導動向】
82%で労働基準関係法令違反 運輸業監督結果 愛知労働局・令和元年

 愛知労働局は、自動車運転者を使用する199事業場に対して令和元年に実施した監督指導結果を公表した。163事業場で、労働基準関係法令違反が発覚している(違反率81.9%)。  違反項目をみると、労働時間が120事業場、割増賃金が38事業場などとなっている。  改善基準告示については、58.8%に当たる117事業場で違反が発覚した。違反がめ……[続きを読む]

2021.01.04 【送検記事】
運転者の健康診断怠った運送業者を送検 岸和田労基署

 大阪・岸和田労働基準監督署は、深夜業を含む業務に常時従事する労働者に対し6カ月以内ごとの健康診断を怠ったとして運送業の魚野運送㈱(大阪府岸和田市)と当時の健康診断の責任者だった同社取締役を、労働安全衛生法第66条(健康診断)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。  労働者がトレーラーを運転中、トンネル内の側壁に激突して死亡している。災害は……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ