『運輸業』の労働関連コラム

2020.01.03 【よく読まれた記事】
シフト変更が要因に トラック事故で報告書 事故調査委【2019年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2019年08月22日【労働新聞】  国土交通省と警察庁から委託を受け、社会的影響が大きい事業用自動車事故を調査分析する事業用自動車事故調査委員会(酒井一博委員長)は、平成28年10月2日に起きた重大事故……[続きを読む]

2020.01.02 【よく読まれた記事】
貨物運送業者を過労運転で処分 関東運輸局【2019年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2019年10月23日 【労働新聞】  関東運輸局は平成30年9月27日と11月9日に実施した監査で、労働時間等改善基準告示違反などが認められたとして、一般貨物自動車運送事業を営むSS物流㈱(群馬県みどり……[続きを読む]

2019.12.04 【監督指導動向】
自動車運転者を使用する事業場 8割で法違反発覚 福岡労働局・平成30年監督結果

 福岡労働局は、自動車運転者を使用する事業場に対して、平成30年に実施した監督指導結果を公表した。臨検した153事業場のうち、79.7%に当たる122事業場で労働基準関係法令違反が発覚している。改善基準告示違反も101事業場で判明した(違反率66.0%)。  労働基準関係法令の主な違反事項は、労働時間85件、割増賃金の支払い26件、休日8……[続きを読む]

2019.11.03 【送検記事】
プレス機倒れ死亡労災 作業計画定めず送検 花巻労基署

 岩手・花巻労働基準監督署は、作業計画を作成せず死亡災害を発生させた運輸業の㈱新開トランスポートシステムズ(東京都江東区)と同社の現場監督を、安全衛生法第20条(事業者が講ずべき措置等)違反の疑いで盛岡地検に書類送検した。  労災は平成31年4月、フォークリフトを使ってプレス機を移設する作業中に発生。工場入口の段差でフォークリフトが揺れ、……[続きを読む]

2019.10.21 【監督指導動向】
55%の事業場で法違反 運輸交通業では74% 山梨労働局・平成30年定期監督結果

 山梨労働局は、平成30年に管内の労働基準監督署が実施した定期監督結果を取りまとめた。1656事業場に対して実施し、全体の55.4%に当たる918事業場で労働基準関係法令違反が発覚している。  業種別に違反率を見ると、運輸交通業が73.6%で最も高い。以下、清掃・と畜業72.7%、製造業65.9%などと続く。  労働基準法関係において最多……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ