『運輸業』の労働関連コラム

2021.06.20 【監督指導動向】
外国人労働者への安全配慮 道路貨物運送で5割程度に 立川労基署・自主点検 NEW

 東京・立川労働基準監督署は、新型コロナウイルスで監督が難しいことから、管内でとくに災害発生件数の多い小売業、道路貨物運送業、食料品製造業に自主点検を実施した。労災防止対策を自主的に振り返ってもらうとともに、ホームページ上で結果を公表して周知する。  安全衛生管理活動については、「外国人労働者に配慮した安全衛生教育、労働災害防止対策を推進……[続きを読む]

2021.06.11 【監督指導動向】
労災の死傷者5800人超え 5年連続増加に 千葉労働局

 千葉労働局が公表した令和2年の県内労働災害発生状況によると、死傷者数は5878人で、5年連続増加していることが分かった。業種別にみると、陸上貨物運送業が990人で、前年から14.3%の大幅増加となっている。建設業でも672人と同10.5%増加した。  型別では「転倒」が最も多く、全体の2割以上を占めた。次いで、「動作の反動、無理な動作」……[続きを読む]

2021.05.12 【監督指導動向】
違反率70% 労働時間関係の違反がめだつ 神奈川労働局 令和元年・監督結果

 神奈川労働局は、令和元年に5248事業場に対して実施した監督指導結果を公表した。何らかの労働基準関係法令違反が発覚し是正勧告を行ったのは3674事業場となっている。違反率は70.0%。  違反事項として最も多かったのは、時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)を締結・届出していないのに、法定労働時間を超えて時間外労働をさせていたなど……[続きを読む]

2021.05.06 【送検記事】
違法な時間外労働で運送業者送検 交通死亡事故きっかけに違反発覚 鳴門労基署

 徳島・鳴門労働基準監督署は、運転者に対して違法な時間外労働を行わせたとして、一般貨物自動車運送業の㈲徳友エクスプレス(徳島県板野郡)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで徳島地検に書類送検した。令和2年10月14日に同社の労働者がトラックで追突し、別の運転者が死亡した交通事故をきっかけとした捜査で違反が発覚している……[続きを読む]

ページトップ