『足場』の労働関連コラム

2020.05.20 【監督指導動向】
違反率56% 建設現場への監督結果 千葉労働局・令和元年12月実施

 千葉労働局は、令和元年12月に実施した建設現場一斉監督結果の結果を公表した。138現場に対して実施し、77現場(56%)で労働安全衛生法違反を確認している。  主な法違反をみると、元方事業者の講ずべき措置に関する「安全衛生管理体制関係」が60現場、「墜落・転落の防止」が44現場、墜落関係の違反を除いた足場の構造に関する「足場関係」が12……[続きを読む]

2020.04.20 【送検記事】
作業床のある足場を設けず書類送検 住宅塗装工事で死亡労災 西宮労基署

 兵庫・西宮労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、「永江塗装店」の個人事業主(大阪府大阪市福島区)を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。令和元年10月、労働者が墜落して死亡する労働災害が発生している。  労災は、宝塚市の個人住宅外壁塗装工事現場で発生した。地上からの高さが2.3……[続きを読む]

2019.11.29 【監督指導動向】
建設業の労災2割増 防止めざして年末まで「緊急取組み」 菊池労基署

 熊本・菊池労働基準監督署は、建設業における休業4日以上の労働災害が2割増加したことを受けて「労働災害防止緊急取組み」を行う。期間は令和元年12月31日まで。管内の事業者団体などに対しては、労災防止に向けた取組み強化を要請した。  「墜落・転落や転倒災害が増えている」(同労基署)として、具体的な対応を求めている。墜落・転落対策では、①足場……[続きを読む]

2019.09.25 【送検記事】
新築物件工事現場で死亡労災 安全帯使わせなかった建設業者を書類送検 能代労基署

 秋田・能代労働基準監督署は、労働者の墜落防止措置を講じなかったとして、建設工事請負業の㈲浅田工務店(秋田県能代市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で秋田地検に書類送検した。平成30年8月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。  労災は、能代市内の木造家屋新築工事現場内で発生した。同社労……[続きを読む]

2019.08.14 【よく読まれた記事】
19歳女性鳶職が転落死 入社3カ月の新人 筋交い外し作業させ送検 京都上労基署【2019年上半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 19歳女性鳶職が転落死 入社3カ月の新人 筋交い外し作業させ送検 京都上労基署 2018年6月4日【送検記事】  京都上労働基準監督署は19歳の女性鳶職が15.3メートルの高さから転落し死亡した労働災害で、㈱貴元技建……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ