『解体業』の労働関連コラム

2022.07.05 【送検記事】
墜落防止措置なく送検 派遣労働者が解体作業中に被災 宮崎労基署 NEW

 宮崎労働基準監督署は、墜落防止措置を講じていなかったとして、解体業のクマモト工業㈱(宮崎県宮崎市)と同社職長を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で宮崎地検に書類送検した。令和3年5月、同社に派遣されていた労働者が死亡する労働災害が発生している。  労災は、高鍋町総合体育館の改修工事現場で発生した。死亡した労働者は……[続きを読む]

2021.12.29 【よく読まれた記事】
労災かくし 左腕挟まれて長期休業 解体業の個人事業主を送検 御坊労基署【2021年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2021年に掲載した記事で、2021年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2021年08月16日掲載【送検記事】  和歌山・御坊労働基準監督署は、労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、解体業を営む個人事業主(和歌山県有田郡有田川町)を労働安全衛生法第100条(報告等)……[続きを読む]

2021.08.16 【送検記事】
労災かくし 左腕挟まれて長期休業 解体業の個人事業主を送検 御坊労基署

 和歌山・御坊労働基準監督署は、労働者死傷病報告を遅滞なく提出しなかったとして、解体業を営む個人事業主(和歌山県有田郡有田川町)を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で和歌山地検に書類送検した。令和2年1月、同社労働者が解体用つかみ機のアタッチメントに左腕を挟まれ、長期間休業する労働災害が発生している。  発覚のきっかけは、被災し……[続きを読む]

2021.08.10 【送検記事】
囲い・手すりなど設けず送検 解体工事業で労災 大垣労基署

 岐阜・大垣労働基準監督署は、令和3年3月に発生した労働災害に関連して、解体工事業の㈲J's works(岐阜県不破郡垂井町)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で岐阜地検大垣支部に書類送検した。高さ2メートル以上の作業床の端に、囲いや手すりなどの墜落防止措置を講じなかった疑い。  労災は……[続きを読む]

2021.03.08 【送検記事】
墜落防止措置講じず送検 人工地盤で死亡労災 横浜南労基署

 神奈川・横浜南労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、解体工事業の㈲リ・ワークスジャパン(埼玉県狭山市)と同社現場代理人を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で横浜地検に書類送検した。令和2年11月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。  労災は、横浜市内の人工地盤の解体撤去工事現場で発生した。……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。