『社労士』の労働関連コラム

2019.09.15 【社労士プラザ】
「手痛い経験」通じ成長/澤井国際事務所 澤井 清治 NEW

 社労士の事件は現場で起きている。開業18年、「手痛い経験」が多くあった。それも、自分の知識と力不足が原因なのだから仕方がない。通らなければならなかった道である。  労使紛争で労働側に取り込まれ委託解除となったこと。経営陣の派閥争いに巻き込まれ、身動きが取れなくなったこと。団体交渉で失敗したこと。あっせんで妥協してしまったこと。助成金の手……[続きを読む]

2019.09.08 【社労士プラザ】
経営者の「ミカタ」として/社会保険労務士法人VANILLA SKY 松山オフィス 新木本 恵美

 2010年9月に社労士の登録をし、個人事業主から始めてもうすぐ丸9年を迎える。その間、たくさんの良いご縁をいただき、2年前に他支部で開業していた良き相棒との縁があり、共同代表として法人を設立した。現在は、支部を跨いで2カ所の事務所を構え、2人のスタッフを雇用し、4人で仕事をするまでに事務所を成長させることができた。  その間、私の社労士……[続きを読む]

2019.09.01 【社労士プラザ】
電子申請への対応急務に/社会保険労務士法人IMI 岩井 雅廣

 当社相談役伊藤隆がこの春、旭日双光章を受章した。生涯尊敬してやまないが、常々大局を考えた取組みには恐れ入る。「その行動は社会保険労務士(以下、社労士)全体の発展につながるのか」「安易な価格競争をして、社労士の価値を下げていないか」「役にしがみついて若者の機会を奪っていないか」など、個人的な利益追求より業界全体のビジョンを聞き続け、私は入……[続きを読む]

2019.08.31 【書評】
【今週の労務書】『社会保険労務士のための「働き方改革」対応・助成金 実務のポイント』

申請代行のイロハ示す  働き方改革=生産性向上に焦点を当て、“使える助成金”の内容と申請方法を紹介している。もっぱら申請を代行する社会保険労務士を読者と想定するため、対象範囲や提出書類について詳細に解説したうえ、顧客への提案方法まで指南していく。今年度から拡充・新設したメニューについても、カバーした。  助成金ビジネスのノウハウに割く最終……[続きを読む]

2019.08.25 【社労士プラザ】
変化受け止め課題に対応/レグルス社会保険労務士 社会福祉士事務所 代表 小林 壮仁

 「滄桑之変」(そうそうのへん)という言葉がある。世の中の移り変わりの激しさを例えた四文字熟語であるが、とくに今年は平成から令和へと変わり、「働き方改革」関連の新たな制度の施行も始まり、様ざまな企業でその対応に追われている年ではないだろうか。  最近ではAI技術が向上し、各種届出業務のAI化といったニュースも巷をめぐり、今後はより3号業務……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ