『社労士』の労働関連コラム

2021.01.17 【社労士プラザ】
「無意識の偏見」をなくす/八木労務開発事務所 代表 八木 早織 NEW

 孫氏の兵法の1つである「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」。  この言葉が好きな経営者やリーダーの方にぜひ意識を向けていただきたい先がある。それは、「己」の無意識だ。  「己」とはつまり、味方の兵軍。現代では自社組織と置き換えられるだろう。そこにご自身のことも加え、知るべき対象を「己の中の無意識レベル」――具体的には社内に存在する「暗黙……[続きを読む]

2020.12.20 【社労士プラザ】
必要とされる場を追求/アスパワー社労士事務所 代表 川口 潤

 これまで不思議と幸運が続いている。私は令和元年5月に開業したばかりの新人社労士である。労働基準監督官を30歳代最後の年に辞めて、故郷名古屋に戻ってきた。  独立することは任官前から考えていたが、幸運だったのは、妻の反対に全くあわずに開業できたことだ。普通は安定した公務員を辞めるのは大反対だろうし、退職時に妻は双子を身ごもってもいた。家族……[続きを読む]

2020.11.29 【社労士プラザ】
営業職活用し情報収集/総務サポート社労士事務所 代表 田中 和博

 今年の10月から新規に営業職を雇用した。弊事務所のような小さな事務所で営業職を雇用するのは稀であるらしく、様ざまな方から驚かれた。  仕事がなければ、資格があっても、勉強しても、経験を積もうとしても、そもそも成り立たない。そう思ったのは開業当初だった。とにかく経験を積ませてほしいと、営業して回ったのを覚えている。  40歳を過ぎて営業の……[続きを読む]

2020.11.15 【社労士プラザ】
労務管理の道案内/社会保険労務士 佐藤雅彦事務所 代表 佐藤 雅彦

 私は2013年にサラリーマンを定年退職して大阪で開業した社会保険労務士である。普通そうに思えるが、ちょっと変わった人生経験がある。  大学を出て最初に入った外資系企業で健康を損ねて転職し、県庁の非正規職員、中小企業の工場勤務、健康を取り戻した26歳の時思い切って4回目の転職に挑戦した。労働基準監督官試験を何とか一発合格して、当時の労働省……[続きを読む]

2020.11.08 【社労士プラザ】
「三方良し」をめざして/わたなべ社労士事務所 代表 渡辺 康子

 千曲川と浅間山を望む佐久平に事務所がある。田園地帯であり、自然の美しさを1年中感じながら生活している。  1年以上前になるが、台風19号で千曲川は荒れ狂った。千曲川のほど近くに、甚大な被害を受けた関与事業所があり、台風一過の晴天の下、事務所に流れ込んだ土砂をただただ運び出したことを思い出す。この事業所は、現在、台風前よりも従業員が増えた……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ