『監督結果』の労働関連コラム

2022.01.16 【監督指導動向】
運輸交通業の違反率が8割越え 全体では62% 宮崎労働局・令和2年監督結果

 宮崎労働局は、令和2年に実施した監督指導結果を公表した。1046事業場に対して実施し、652事業場で労働関係法令違反が発覚している。 違反率は全体で62.3%だった。業種別では、運輸交通業の84.8%が最も高く、農林業が68.5%で続いた。  違反項目は多いものから順に、安全基準(224件)、労働時間(180件)、割増賃金(133件)と……[続きを読む]

2022.01.05 【監督指導動向】
違反率8.8% 対象労働者の大半が女性に 愛知労働局・令和3年の最賃監督結果

 愛知労働局の実施した令和3年の「最低賃金の履行確保に関する監督指導結果」によると、実施した251事業場のうち最低賃金法違反があった事業場は8.8%に当たる22事業場だった。最賃未満だった労働者は75人で、うち62人を女性、24人を65歳以上が占めている。  最賃以上の賃金を支払っていなかった理由(複数回答)は、「適用される最賃額を知らな……[続きを読む]

2022.01.01 【よく読まれた記事】
違反率79.4% ハイヤー・タクシーでは8割超え 愛知労働局・令和2年 運輸系事業者監督結果【2021年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2021年に掲載した記事で、2021年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2021年12月18日掲載【監督指導動向】  愛知労働局は、自動車運転者を使用する事業場に対して、令和2年に実施した監督指導状況をまとめた。170事業場に対して実施し、労働基準関係法令違反が135事業場で……[続きを読む]

2021.12.28 【監督指導動向】
違反率65.8% 労働時間関係は1141件に 愛知労働局・令和2年監督指導状況

 愛知労働局は、令和2年の監督指導および申告処理状況を公表した。監督指導は5375事業場に対して実施し、このうち3539事業場(65.8%)で法令違反が発覚している。主な法令違反は、時間外・休日労働に関する協定(36協定)を提出せずに時間外労働などをさせている労働時間・休日関係が1141件で最も多かった。  この他で多かった違反項目は、時……[続きを読む]

2021.12.18 【監督指導動向】
違反率79.4% ハイヤー・タクシーでは8割超え 愛知労働局・令和2年 運輸系事業者監督結果

 愛知労働局は、自動車運転者を使用する事業場に対して、令和2年に実施した監督指導状況をまとめた。170事業場に対して実施し、労働基準関係法令違反が135事業場で発覚している。違反率は79.4%。  違反事項は労働時間関係が最も多く81件、次いで割増賃金関係が43件だった。  違反率を業種別にみると、ハイヤー・タクシー83.3%、トラック7……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。