『宿泊業』の労働関連コラム

2018.12.17 【送検記事】
月207時間の残業で「加賀観光ホテル」を送検 36協定の代表者選出に不備 小松労基署

 石川・小松労働基準監督署は有効な36協定を結ばずに時間外労働をさせたとして、㈱加賀観光ホテル(石川県加賀市)と同社の元総支配人を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで金沢地検に書類送検した。 同社は会社同名のホテルのほか、温泉旅館を1店舗運営している。元総支配人は有効な36協定がないまま、平成29年8月~10月末までの3カ月間、労働……[続きを読む]

2018.10.22 【送検記事】
労働者4人に違法な時間外労働 三井不動産のグループ会社を送検 伊勢労基署

 三重・伊勢労働基準監督署は有効な36協定の締結・届出なく時間外労働をさせたとして、伊勢志摩リゾートマネジメント㈱(三重県志摩市)と同社の代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで津地検伊勢支部に書類送検した。 同社は三井不動産のグループ会社で、鳥羽国際ホテルなどのリゾートホテルを運営している。代表取締役は有効な36協定がない……[続きを読む]

2018.10.15 【送検記事】
ホテル金沢を送検 労働者12人に違法な時間外労働 最長で月147時間 金沢労基署

 石川・金沢労働基準監督署は12人の労働者に過労死ラインを超える違法な時間外労働をさせたとして、ホテル金沢㈱(石川県金沢市)と同社の専務取締役総支配人を労働基準法第32条(労働時間)など違反の疑いで金沢地検に書類送検した。  同社は金沢市内で「ホテル金沢」を運営している。同社は1日3時間、1カ月45時間を限度とする36協定を締結していた。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ