『外国人雇用』の労働関連コラム

2021.07.29 【Web限定ニュース】
観光産業 外国人活用へ支援開始 採用・定着へ専門家を派遣 東京都 NEW

 東京都は、外国人材の採用・定着に取り組む観光関連企業に対して専門家を派遣する「観光産業外国人材活用支援事業」を実施する。専門家が訪問またはオンライン形式で、採用方法や在留資格の手続き、離職防止策に関する助言を行う。  対象となるのは、都内に本社・主な事業所を持つ宿泊・飲食・小売業(免税店)の経営者、人事担当者など。先着20社に対し、支援……[続きを読む]

2021.07.11 【人材ビジネス交差点】
【人材ビジネス交差点】外国人採用市場適正化を/一般社団法人グローバルスタッフ雇用支援協会 理事 ワークホールディングス㈱ 代表取締役 横山 聖一

 直近の出入国在留管理庁の統計によれば、制度開始から2年余り経過した特定技能1号の在留外国人数は2万人を超えた。  国際的な往来の制限により、日本国内での技能実習の在留資格の切替えが大半であるが、それ以外に、留学生の新規採用や、就業先や職種の変更を伴う在留資格の変更も進んでいる。  そして、後者のケースは、労働移動を伴うマッチングが前提で……[続きを読む]

2021.06.20 【監督指導動向】
外国人労働者への安全配慮 道路貨物運送で5割程度に 立川労基署・自主点検

 東京・立川労働基準監督署は、新型コロナウイルスで監督が難しいことから、管内でとくに災害発生件数の多い小売業、道路貨物運送業、食料品製造業に自主点検を実施した。労災防止対策を自主的に振り返ってもらうとともに、ホームページ上で結果を公表して周知する。  安全衛生管理活動については、「外国人労働者に配慮した安全衛生教育、労働災害防止対策を推進……[続きを読む]

2021.06.20 【社労士プラザ】
交流重ねサービス向上へ/コスモポリタンインターナショナルHRソリューションズ 代表 永井 知子

 私は主に外国人の労務管理を専門とした社会保険労務士として活動しており、セミナーや執筆の機会を数多くいただいている。ここ数年は外国人技能実習制度の講師として、全国で講義を行っている。  しかしながら、自分が伝えられることには限界があると常に思っている。  法令や各種制度の留意点について、各種講義や執筆で毎回一生懸命伝えているつもりだが、成……[続きを読む]

2021.06.15 【Web限定ニュース】
中小へ積極訪問 「プッシュ型支援」を展開 埼玉県・令和3年度

 埼玉県は今年度、積極的な企業訪問による「プッシュ型の中小企業支援」を展開する。中小・零細企業では製造現場を離れられず、相談窓口に足を運ぶことができないケースが多くあることから、企業訪問による情報収集でニーズの把握を行う。情報は県内の商工団体と共有するなど、きめ細かい支援の実施をめざす。  企業訪問と併せて、中小企業支援センターで総合相談……[続きを読む]

ページトップ