『墜落』の労働関連コラム

2021.09.13 【送検記事】
墜落防止措置講じず 死亡労災で元請・下請を送検 田辺労基署

 和歌山・田辺労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、土木工事業の合計2法人2人を労働安全衛生法違反の容疑で和歌山地検田辺支部に書類送検した。令和3年6月、田辺市内の国道改良工事現場において、下請企業の労働者が死亡する労働災害が発生している。  元請の㈱松本組(和歌山県田辺市)と同社現場代理人は、同法第31条(注文者の講ずべき……[続きを読む]

2021.09.08 【送検記事】
ロープ高所作業で死亡災害 高さ25メートルから墜落し送検 北九州東労基署

 福岡・北九州東労働基準監督署は、支持物とロープの緊結状況を点検していなかったとして、建設業の㈱フジナガ(兵庫県尼崎市)と同社作業指揮者を労働安全衛生法21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで福岡地検小倉支部に書類送検した。26歳の労働者が高さ約25メートルから墜落し、死亡する災害が発生している。  災害は令和2年12月12日、福岡県……[続きを読む]

2021.09.08 【送検記事】
派遣労働者が焼却炉の冷却室で溺死 墜落措置怠った清掃業者を送検 いわき労基署

 福島・いわき労働基準監督署は、墜落防止措置を怠ったとして、派遣先で清掃業の㈱ヨシザワ(東京都江戸川区)と同社工事部部長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで福島地検に書類送検した。43歳の派遣労働者が高さ3.94メートル地点から水の中へ墜落し、溺死している。  災害は令和3年1月12日、福島県いわき市の廃棄物処理……[続きを読む]

2021.08.25 【送検記事】
裂けた木が直撃 墜落防止措置の未実施や「受け口」の未作成で送検 安芸労基署

 高知・安芸労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、土木工事業者の三井工業㈱(高知県香南市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で高知地検に書類送検した。令和3年2月、同社労働者が重症の怪我を負う労働災害が発生している。  労災は、香南市の河川改修工事現場で発生した。労働者がチェーンソー……[続きを読む]

2021.08.10 【送検記事】
囲い・手すりなど設けず送検 解体工事業で労災 大垣労基署

 岐阜・大垣労働基準監督署は、令和3年3月に発生した労働災害に関連して、解体工事業の㈲J's works(岐阜県不破郡垂井町)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で岐阜地検大垣支部に書類送検した。高さ2メートル以上の作業床の端に、囲いや手すりなどの墜落防止措置を講じなかった疑い。  労災は……[続きを読む]

ページトップ