『墜落』の労働関連コラム

2019.09.21 【Web限定ニュース】
建設業者一丸で安全行動推進へ 建災防埼玉県支部が安全大会 NEW

 建設業労働災害防止協会埼玉県支部は9月17日、埼玉県建設業労働災害防止大会を埼玉会館(さいたま市)で開催した。壇上に立った島村健支部長は、「建設業の労働災害は今年に入っても減少傾向は見られず、極めて憂慮すべき状況。県内の建設業者が一丸となり対策に取り組んでいかなければならない」とし、埼玉県支部が展開する「安全行動推進運動埼玉」への積極的……[続きを読む]

2019.09.10 【送検記事】
開口部に覆いをせず 解体工事業者を書類送検 天満労基署

 大阪・天満労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、解体工事業の㈱村山組(大阪府大阪市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。  令和元年5月、大阪府大阪市の建造物の解体撤去工事において、労働者が鉄骨の解体作業をしていたところ、開口部から墜落する労働災害が発生した……[続きを読む]

2019.09.09 【送検記事】
雪下ろし作業中に労働者が墜落死 安全帯付けずに作業させたホテルを送検 旭川労基署

 北海道・旭川労働基準監督署は雪下ろし作業中に労働者が屋根から墜落死した労働災害で、北海道ホテル&リゾート㈱(北海道富良野市)と同社の支配人を、労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで旭川地検に書類送検した。  同社は「ホテルナトゥールヴァルト富良野」や「芦別温泉スターライトホテル」など5つの宿泊施設を展開している。労……[続きを読む]

2019.09.08 【送検記事】
墜落防止措置講じず 元請・下請を書類送検 マンション改修工事で労災 小樽労基署

 北海道・小樽労働基準監督署は、平成31年4月に発生した労働災害に関連して、元請と下請の計1法人2人を労働安全衛生法違反の容疑で札幌地検小樽支部に書類送検した。  元請として同法第31条(注文者の講ずべき措置)違反の疑いで送検されたのは、コニシ工営㈱(北海道札幌市西区)と同社施工管理者。下請として同法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反……[続きを読む]

2019.09.03 【送検記事】
死亡災害でスキー場運営業者を送検 点検作業中に高さ12メートルから墜落 大町労基署

 地上から高さ12メートルの付近から労働者が墜落して死亡――長野・大町労働基準監督署は、平成30年11月に発生した労働災害に関連して、スキー場運営の白馬観光開発㈱(長野県北安曇郡白馬村)と同社安全担当者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で長野地検松本支部に書類送検した。「白馬八方尾根スキー場」において労働者にゴン……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ