『墜落』の労働関連コラム

2024.05.10 【監督指導動向】
違反率6割弱 元方関係の法違反がめだつ 岩手労働局・令和5年年末 建設業監督結果

 岩手労働局は、令和5年12月の「いわて年末年始無災害運動」期間中に実施した建設工事現場に対する監督結果を公表した。113現場に実施し、65現場で労働安全衛生法に関する違反が発覚している。違反率は57.5%。  主な違反項目は、元方事業者の講ずべき措置等が38現場(違反率33.6%)、墜落防止措置が37現場(32.7%)、注文者の措置が2……[続きを読む]

2024.04.15 【送検記事】
落ち葉清掃中に屋根から墜落 囲いなど設けず送検 小諸労基署

 長野・小諸労働基準監督署は、高所作業で必要な墜落防止措置を講じなかったとして、㈲甘利造園建設(長野県北佐久郡軽井沢町)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで長野地検佐久支部に書類送検した。労働者が屋根上から墜落する労働災害が発生している。  労災は令和5年11月、軽井沢町の宿泊施設で発生した。労働……[続きを読む]

2024.04.13 【監督指導動向】
建築では違反率6割弱 墜落・転落面の違反めだつ 和歌山労働局 令和5年・年末一斉監督結果

▽民間工事2割で「工期にゆとりがない」  5割弱の現場で労働安全衛生法違反――和歌山労働局は、令和5年12月に実施した建設工事現場に対する一斉監督の結果を取りまとめた。105現場に対して実施し、48現場(45.7%)で安衛法違反が発覚している。  工事別に監督実施現場数と違反率を見ると、建築が48現場で58.3%、土木が38現場で26.3……[続きを読む]

2024.03.30 【送検記事】
墜落対策を講じず書類送検 “別会社”の労働者が被災の労災で 茨木労基署

 大阪・茨木労働基準監督署は、墜落防止措置を講じていなかったとして、建築資材の販売・取付工事業のカネマル㈱(奈良県奈良市)と同社課長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反などの疑いで大阪地検に書類送検した。令和5年6月、同社と同じ現場で作業していた別会社の労働者が重体となる労働災害が発生している。  労災は3階建ての建物の……[続きを読む]

2024.03.29 【監督指導動向】
建設業 26%で安衛法違反 令和5年・年末一斉監督の結果 静岡労働局

 静岡労働局は、令和5年12月に管内の7労働基準監督署が実施した建設工事現場に対する一斉監督の結果を公表した。監督指導を行った192現場のうち26%に当たる50現場で労働安全衛生法令違反が発覚している。  工事別に違反状況をみると、建築工事現場は監督指導した97現場のうち40現場(41.2%)で違反が見つかった。違反内容は多い順に「足場等……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。