『労務管理』の労働関連コラム

2021.04.30 【書評】
【GoTo書店!!わたしの一冊】第17回『人事の古代史―律令官人制からみた古代日本』十川陽一著/濱口 桂一郎

職能資格制は有史1000年  人事といっても古代日本、律令制を導入して左大臣だの中納言だのとやっていた時代の人事の本だ。ところがこれがめっぽう面白い。歴史書としてもそうだが、人事労務管理の観点からも大変興味深いのだ。  律令制以前の日本はウジ社会。要するに豪族たちの血縁原理でもって世の中が動いていたわけだが、諸般の事情で中国化せねばならな……[続きを読む]

2021.04.22 【社説】
【主張】業務進行はリモート管理

 東京・品川労働基準監督署が実施した調査で、拡大しつつあるテレワーク勤務の管理実態が浮き彫りとなってきた(=関連記事:テレワーク実態調査 6割が自己申告方式活用 客観的把握進まず 品川労基署)。労働時間把握については、労働者を信頼して自己申告する形式をとるが、業務の進行やコミュニケーションは、メッセンジャープラットフォームなどを利用し、可……[続きを読む]

2021.04.11 【Web限定ニュース】
専門家派遣の窓口を一本化 利用回数の上限撤廃へ 石川県

 石川県は令和3年度、経営全般の専門家派遣制度を拡充する。複数の専門家の同時派遣を可能にし、派遣回数の上限を撤廃する。  窓口は同県内の商工会議所、産業創出センター、中小企業中央会が担当し、ヒアリングを基にニーズに合った専門家を派遣。専門家には社会保険労務士も参加し、リモート勤務に伴う労務管理などの相談が可能となる。  従来は複数の専門家……[続きを読む]

2021.03.04 【書評】
【今週の労務書】『テレワークを導入・運用するとき これだけは知っておきたい労務管理』

長時間労働防止が課題  本書は、テレワークの実施を検討している企業の代表者や担当者に向けて、導入時の留意事項を提示したもの。  労働時間管理をはじめとする労務管理や安全衛生対策、情報通信環境の整備およびセキュリティー対策の要点を解説したほか、テレワークに対応した就業規則の作り方を指南している。  本書では、テレワークは相対的に使用者の管理……[続きを読む]

2021.01.16 【書評】
【今週の労務書】『労務トラブル 予防・解決に活かす“菅野「労働法」”【3訂版】』

事例挙げて対策示す  本書は、菅野和夫東京大学名誉教授の著書「労働法(第12版)」(弘文堂、2019年11月)をもとに、労働者の採用から退職までの労務管理の場で直面するトラブル事例とその予防・解決策を分かりやすく解説したもの。複数の社会保険労務士が執筆し、弁護士が監修した。  取り上げているテーマは、労働契約・就業規則、職場のハラスメント……[続きを読む]

ページトップ