『労務管理』の労働関連コラム

2019.06.16 【社労士プラザ】
公平な視点で問題解決/酒井世津子社会保険労務士事務所 酒井 世津子 NEW

 社会保険労務士として独立開業し、今年の9月に2年目を迎える私は、まだまだ駆け出しの身であり、試行錯誤と日々鍛錬の日々を送っている。  僅少ながらも、ご紹介などからお客様とのご縁に恵まれ、働き方改革に伴う就業規則の改訂や作成に携わる機会をいただいたり、顧問先様の労務管理、労働問題のご相談などのアドバイスをさせていただいているが、自分の知識……[続きを読む]

2019.05.26 【社労士プラザ】
芯のある会社づくり支援/社会保険労務士法人 ジェイズ事務所 代表社員 片桐 めぐみ

 太陽を浴び、風に吹かれ、大地を駆け巡るほどに、心豊かな経営を――これは、当事務所のミッションの1つ目であり、お客様へ向けたものである。  開業当初からの「強い会社をつくるお手伝いをしたい」という漠然とした思いが、あっという間に開業12年目を迎える今年も年々強くなっている。強いといってももちろん攻撃的な要素ではなく、ブレることのない、多少……[続きを読む]

2019.05.16 【社説】
【主張】想定外の副業・兼業拡大

 政府は、働き方改革の一環として「副業・兼業」の促進を提唱しているが、的確な労働時間管理の方法を見出せない状況となっている(本紙5月6日号1面既報)。労働者の自己申告に任せると正確な把握が難しく、企業間の情報交換を前提とすると私的領域への過度な介入となりかねない。副業・兼業を本格的に拡大するなら労働基準法の見直しを検討する必要がある。  ……[続きを読む]

2019.05.12 【社労士プラザ】
組織のあり方再検証を/社会保険労務士 山下事務所 山下 良一

平成6年に開業し、25年目になった。実務と並行して務めてきたLEC社労士講座の講師も、25年目に入った。  その間、労働法と社会保険法が大きく変わった。社会保険法の一例であるが、平成6年の年金法の大改正、平成12年の介護保険施行、平成13年の確定拠出年金施行と、「少子・高齢化」の時代を受けて、新制度が相次いで施行されている。  労働法も、……[続きを読む]

2019.05.11 【書評】
【今週の労務書】『これだけは知っておきたい!スタートアップ・ベンチャー企業の労務管理』

成長に併せた体制を  スタートアップからIPO(新規上場株)準備期まで、ステージごとに求められる労務管理について解説した一冊。起業間もない会社は労務管理が問題になることは少ないが、会社が大きくなり、従業員の数も増えてくると、問題が表に出てくるようになり、会社の成長に併せた体制構築が求められる。  IPOが視野に入る時期になると、上場に向け……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ