『労務管理』の労働関連コラム

2022.06.10 【労働行政最新情報】
テレワークに関する労務管理とICT(情報通信技術)についての相談窓口を設置(厚労省)

 厚生労働省は、適切な労務管理下における「良質なテレワーク」の導入・定着促進のため、令和3年3月にテレワークガイドラインの改定を行った。  また、同年4月より「人材確保等支援助成金(テレワークコース)」を創設し、中小企業事業主が、テレワーク用通信機器等の導入・運用等を実施することで、従業員の離職率の低下について効果をあげた場合に当該経費の……[続きを読む]

2022.05.29 【社労士プラザ】
医師の働き方改革実現へ/とどろき社会保険労務士法人 代表社員 日隈 久美子

 平成21年に日本医師会の「勤務医の健康支援に関する検討委員会」が約1万人の医師を対象にアンケート調査を行った結果、大学病院や地域中核病院などに勤務する医師の6%が、長時間労働によって当直明けの外来時にヒヤリハットを常に感じている、ストレスで鬱っぽくなった、毎日消えてしまいたいという思いや希死念慮を抱くときがある――と回答している。  医……[続きを読む]

2022.05.14 【書評】
【今週の労務書】『図解でわかる 労働法の基本としくみ』

法律の基礎を実務に活用  新任の人事労務担当者や、部下を抱えることになった管理職・マネージャーなどを対象とした入門書。労働法を基礎から学びながら、すぐに実務に役立てることができる。  法律の成立ちなどの説明は冒頭の数頁に留め、募集・採用から解雇・トラブル対応まで実務の流れに沿って関連法規と解説を掲載した。1項目2頁の見開き構成になっており……[続きを読む]

2022.04.23 【書評】
【今週の労務書】『実務 中国労働法 日中対比で学ぶ最新労務管理』

地域毎の運用実態を提示  本書は、中国で労働契約法が施行されてから15年近くが経過し、労働者の権利意識の高まりとともに労働紛争が増加傾向にあるなか、中国に進出する日本企業に対し、中国での労務管理上の留意点を解説したもの。採用から労働契約終了に至るまでの各ステージにおける実務上のポイントを示した。  取り上げている項目は、労働時間・賃金、休……[続きを読む]

2022.04.17 【社労士プラザ】
問題解決できる社労士に/北九州中央社会保険労務士法人 代表 江口 勝彦

 社労士業界に足を踏み入れ、早いもので二十数年。職業人生の大部分を社労士として過ごしている。この間、未曾有の長引く不況、労働者の権利意識の高まり、法律の改正など、取り巻く環境が激変するなかで追い風や向かい風が吹き、時には横殴りの突風も吹いたが、何とか吹き飛ばされずに今までやってきた。そこで、過去を振り返りつつ今後を展望してみたい。  開業……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。