『介護』の労働関連コラム

2020.10.24 【書評】
【今週の労務書】『介護職員を利用者・家族によるハラスメントから守る本』 NEW

事前に「芽」を摘む対策を  介護職員の7割が、利用者やその家族からのハラスメントを受けたことがある――そんなNCCUの調査結果をきっかけに、本書ではいわゆるカスタマーハラスメント対策に焦点を当てた。  ハラスメントについて「相談しない・できない職場環境」であると、人材の離職につながりかねないと指摘。クレーム対応と同様に対応フローを作成して……[続きを読む]

2020.10.17 【Web限定ニュース】
15%が「育児などを理由とした退職者がいた」 介護労働実態調査

 公益財団法人介護労働安定センターは、令和元年度の「介護労働実態調査」をまとめた。過去3年間に介護を理由に退職した従業員がいたとする事業者の割合が、全体の19.8%を占めている。「妊娠・出産・育児」を理由にしたケースは、15.6%だった。  従業員の抱える介護の問題ついては、「把握している」が74.2%なのに対し、「把握していない」は22……[続きを読む]

2020.10.11 【Web限定ニュース】
VRを使用し仮想職場体験 新潟県

 新潟県はこのほど、子育てが落ち着いた女性や働く意欲のある高齢者の就業を後押しするため、VRゴーグルを使った職場体験イベントを県内のショッピングモールで開催した。  介護、保育、警備など人手不足に悩む業種を中心とした5種類以上のVR映像を作成し、職場や仕事内容の「仮想体験」ができる。  併せて、希望に合う求人企業についての相談を受け付ける……[続きを読む]

2020.10.04 【Web限定ニュース】
特定処遇改善は6割超が加算へ 介護労働安定センター調べ

 公益財団法人介護労働安定センターは、令和元年度の「介護労働実態調査」をまとめた。昨年10月に創設された介護職員等特定処遇改善加算の対応について、6割以上の事業所が「加算を算定する」との意向を示している。  同改善加算は、「勤続10年以上の介護福祉士について月額平均8万円相当の処遇改善を行う」との方針で策定されたもの。「算定する」と「算定……[続きを読む]

2020.10.03 【送検記事】
労働者7人に賃金不払い 総額187万円 秋田労基署が介護関連会社を送検

 秋田労働基準監督署は、労働者7人に対して定期賃金を支払わなかったとして、訪問介護・相談支援およびケアプランの作成を行う㈱オータムライスフィールド(秋田県秋田市)と同社代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で秋田区検に書類送検した。  同社は令和元年8月~2年1月、労働者7人に対して賃金を支払わなかった疑い。不払いの規模……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ