『人手不足』の労働関連コラム

2021.01.03 【よく読まれた記事】
事務員を過半数代表に指名 違法残業として告訴 36協定は無効と判断 津労基署が書類送検【2020年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2020年09月17日掲載【労働新聞】  三重・津労働基準監督署(渡邉文孝署長)は、労働者らと一切協議せず、無効な36協定を提出して違法な長時間労働を行わせていたとして、輸送用機械器具製造業の㈱奥岡技研(……[続きを読む]

2020.10.11 【Web限定ニュース】
VRを使用し仮想職場体験 新潟県

 新潟県はこのほど、子育てが落ち着いた女性や働く意欲のある高齢者の就業を後押しするため、VRゴーグルを使った職場体験イベントを県内のショッピングモールで開催した。  介護、保育、警備など人手不足に悩む業種を中心とした5種類以上のVR映像を作成し、職場や仕事内容の「仮想体験」ができる。  併せて、希望に合う求人企業についての相談を受け付ける……[続きを読む]

2020.10.03 【書評】
【今週の労務書】『人手不足を円満解決 現状分析から始めるシニア再雇用・定年延長』

基本方針決め制度設計を  本書は、企業がシニア活用に本格的に取り組む際の制度設計の手順を示した入門書。自社の現状分析と基本方針の決定方法のほか、方針に基づいて継続雇用制度や定年延長制度を設計する際の留意点を解説している。  現状分析を踏まえて決定するシニア活用のスタンスとして、最低限必要な法的な対応のみ優先する「限定活用型」、意欲の高い人……[続きを読む]

2020.08.14 【よく読まれた記事】
アルバイト労働者に違法な時間外労働を行わせ モンテローザを送検 刈谷労基署【2020年上半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2020年05月07日掲載【送検記事】  愛知・刈谷労働基準監督署は、違法な時間外労働を行わせたとして、飲食業の㈱モンテローザ(東京都新宿区)と同社エリアマネージャーを、労働基準法第40条(労働時間及び休……[続きを読む]

2020.08.10 【社労士プラザ】
福祉業界の定着率向上へ/ 社会保険労務士法人 THINK ACT 代表社員 志賀 弘幸

 2010年に社労士として開業して以来、介護福祉業界に特化し、多くの福祉経営者とお会いしてきた。  この間、福祉業界は常に低賃金・人手不足が続き、顧問先からの相談も採用・人材処遇に関するものが多い。また近年は「働き方改革」の波が福祉業界にも影響を与え、人材不足に追い打ちをかけているように思う。  介護福祉事業は中小零細企業が非常に多く、職……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ