無資格者がフォークリフト運転 取引先労働者の死亡労災で送検 三条労基署【2020年下半期 よく読まれた記事】

2021.01.04 【よく読まれた記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

無資格者がフォークリフト運転 取引先労働者の死亡労災で送検 三条労基署

2020年09月28日掲載【送検記事】

 新潟・三条労働基準監督署は、無資格の労働者にフォークリフトを運転させていたとして古紙卸売業の㈱小林先二商店(新潟県見附市)と同社代表取締役およびフォークリフトを運転していた同社労働者の計1法人2人を、労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで新潟地検長岡支部に書類送検した。取引先の労働者にフォークリフトが激突し、死亡する労働災害が発生している。…

【令和2年9月1日送検】

→2020年09月28日掲載記事を読む

あわせて読みたい

ページトップ