【元漫才師の芸能界交友録】第30回 島田紳助① 急造コンビに一目ぼれ/角田 龍平【2020年上半期 よく読まれた記事】

2020.08.12 【よく読まれた記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

【元漫才師の芸能界交友録】第30回 島田紳助① 急造コンビに一目ぼれ/角田 龍平

2020年02月20日掲載 【労働新聞】

 1994年2月20日。高校2年生だった私は、正午になると日曜日のルーティンでテレビのチャンネルを8に合わせた。司会の島田紳助さんが、オール巨人さんらとスタジオでトークをしながら思いつきで企画を決めていくその番組が好きだった。ソファに寝転びながらテレビをみていた私は、巨人さんの一言に思わず姿勢を正した。

 「ちょっと僕が考えてるんやけど。あのぉ、漫才師を作るという、簡単にいうとそういうことなんやけど。漫才師になりたい方いてるやんか。募集して、面接やって何人か選ぶわけですけども。最終的にふたりを一生懸命教え込んで、あるコンテストに出して」。紳助さんも乗り気だ。「そうしよう! それで優勝! 目標、優勝! 名前どうしよ? オール近鉄・南海?」。…

→2020年02月20日掲載記事で続きを読む

関連キーワード:

    あわせて読みたい

    ページトップ