社労士が不正申請 会社に無断で文書偽造 奈良労働局【2020年上半期 よく読まれた記事】

2020.08.11 【よく読まれた記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働新聞社Webサイトに2020年に掲載した記事で、2020年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

社労士が不正申請 会社に無断で文書偽造 奈良労働局

2020年03月23日掲載【労働新聞】

 奈良労働局(川村徹宏局長)は、キャリアアップ助成金(正社員化コース)などを不正に申請・受給したとして、社労士事務所ワンアップ(大阪府大阪市)の奥村謙一社会保険労務士が申請した助成金の支給決定を取り消した。

 同社労士は平成31年3月~令和元年11月の間、奈良県内の事業所4社において、事業主に無断で労働条件通知書や賃金台帳を偽造し、元々正社員だった人材を有期契約労働者から転換したように装うなどして助成金申請を行った。…

→2020年3月23日掲載記事で続きを読む

 

あわせて読みたい

ページトップ