【今週の労務書】『男性管理職のための女性部下マネジメント』

2016.11.05 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

感情を受け止め共感示す

Amazonにリンクします

 ”女性活躍推進”という世の流れに棹さすことができていない男性管理職を対象に、女性社員の能力を有効に引き出す方法を解説しているのが本書。

 「感情を受け止めて共感を示す」を行動原則とし、女性部下のモチベーションを高める指導のポイントを雇用形態ごとに紹介している。男性管理職が直面し得るトラブルへの解決方法を併せて例示しており、叱責後に泣かれてしまった場合の対処法などは確実に押さえておきたい。

 女性の立場に寄り過ぎているのではという印象は否めないが、性別を問わない人材登用ができなければ経営リスクにつながるのが今の時代。本書に沿った組織運営を実践できるかどうかが分水嶺となるかもしれない。

(諌山敏明著、幻冬舎刊、TEL:03-5411-6440、800円+税)

ジャンル:
平成28年10月31日第3086号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ