月平均34万5000円 月間労働時間は210時間 運輸労連 賃金等調査【2019年上半期 よく読まれた記事】

2019.08.10 【よく読まれた記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。

月平均34万5000円 月間労働時間は210時間 運輸労連 賃金等調査

2019年3月11日【労働新聞ニュース】
 運輸労連(難波淳介中央執行委員長)の賃金労働条件実態調査(2018年6月現在)によると、回答した140組合(10万517人)における月額賃金の平均(加重)は34万4232円で、前年と比べ8498円(2.4%)減額となった。
 月額賃金の内訳をみると、所定内賃金と所定外賃金がともに前年比増額(順に2460円、4055円)となった一方、仕事給は6903円の減額だった。
 月の総実労働時間は210.1時間で、近年のピークだった2006年の220.9時間を10.8時間下回っている。…

→2019年3月11日掲載記事で続きを読む

あわせて読みたい

ページトップ