無資格の玉掛けでガス保安検査業者を送検 鉄板の下敷きになり労働者死亡 千葉労基署

2019.07.31 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 千葉労働基準監督署は重さ約220キログラムの鉄板の下敷きになり、労働者が死亡した労働災害で、陽品ガスエンジニアリング株式会社(千葉県市原市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで千葉地検に書類送検した。無資格で玉掛けを行わせた結果、死亡災害が起きている。

 同社はタンクローリーの高圧ガスの保安検査などを事業としている。労災は平成30年10月15日に、同社の第二工場で発生した。第二工場では2人の労働者が働いていた。58歳の男性労働者が定時になっても上がって来ないのを不審に思い、もう1人の労働者が様子を見に行ったところ、労働者が鉄板の下敷きになり、首を挟まれた状態で発見された。労働者は救急搬送されたが同日死亡が確認された。死因は頸部圧迫による窒息死だった。

 鉄板の大きさは…

【令和元年7月11日送検】

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ