明るく働きやすい職場実現/城戸社会保険労務士事務所西神戸オフィス 城戸 信幸

2016.08.03 【社労士プラザ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

城戸社会保険労務士事務所西神戸オフィス 城戸 信幸 氏

 平成28年9月1日で、開業以来丸3年が経過する。定年まで、技術サービスマネージャーとして、人事、労務管理を担当し、自社製品の使用法を顧客企業に提供し、不具合時にはトラブルシュートをしていた。定年後の3年間は嘱託として、研修センターで人材育成を担当し、各種手法を習得した。

 この間に、社会保険労務士の仕事に興味を覚え、資格を取得した。その後、特定社会保険労務士の資格を取得し、人材育成コンサルタントとして、企業の人事制度構築、人材育成の支援活動を行うとともに、総合労働相談員として労働問題の解決にもかかわってきた。

 当事務所のモットーは、「明るく、働きやすく、働き甲斐のある職場を作ろう」である。

 経営の基本は、ヒト、モノ、金であり、最近は情報が加わった。つまり、人は重要な経営資源であり、従業員の成長なくして、企業の成長はない。そして、人材育成の基盤は人事制度であり、その基盤は、経営理念・経営哲学である。

 経営理念を構築するには、マーケティング手法を用いて、自社の立ち位置を明確にする必要があるが、これらに、技術サービス活動における管理者経験が役立っている。

 最近は、企業における目標管理の導入支援活動が主要業務の1つとなってきた。

 目標管理も一時の成績査定を中心とした運用から、職場の活性化手段としての運用へと変貌を遂げている。

 とくに中小企業への導入では、職場単位で協働して進めることにより、職場を活性化するとともに、グループ活動化して、落ちこぼれを防ぎながら、運用するようになってきた。

 この人事制度に対する支援活動に加え、労働諸法令を事業主に丁寧に説明することで、企業のコンプライアンスリスクを低減する支援を行っている。企業には、解雇、パワハラ、メンタルヘルス、休職等の正常な業務運営を阻害するハザードが依然として横たわっている。適切な就業規則の制定、従業員との適切な面談、メンタルヘルスチェック等を駆使してこれらのリスクに対処することが求められている。

 当事務所では、今後も「明るく、働きやすく、働き甲斐のある職場」の構築支援を行っていく所存である。

城戸社会保険労務士事務所 西神戸オフィス 城戸 信幸【兵庫】

【公式Webサイトはこちら】
http://www.sr-kido.com/

ジャンル:
    平成28年8月1日第3075号10面 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ