57事業者・28現場に行政処分 30年年末建設一斉監督 北関東4労働局

2019.01.22 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 茨城、栃木、群馬、埼玉の北関東4労働局は平成30年12月3日~14日に行った建設工事に対する一斉監督の実施結果を発表した。それによると、重篤な労働災害につながるおそれがあるとして、57事業者・28現場が設備の使用停止命令等の行政処分を受けている。

 4労働局が監督指導を実施した576現場のうち、270現場(46.9%)で何らかの労働安全衛生法令違反が認められた。違反率を労働局別にみると、茨城労働局41.3%、栃木労働局59.4%、群馬労働局39.1%、埼玉労働局64.2%となっている。

 違反事項の内訳は墜落災害の防止が34.1%で最も多く、建設機械災害の防止が12.7%、飛来・崩壊災害の防止が2.7%と続いた。

あわせて読みたい

ページトップ