【ひのみやぐら】大規模現場が英知を結集

2018.09.10 【社説】

 五輪関係の工事で東京都内は、建設ラッシュが続いている。それに伴う整備工事や再開発なども盛んに行われているところだ。工事量が増えるとともに、懸念されるのが労働災害。人手不足や技能伝承問題など多くの課題を抱えており、6月に発表された東京労働局の労働災害発生状況をみると、昨年66人の死亡者のうち4割強の28人が建設業で、前年と比べて3人増加した。このため同労働局では、機会を捉えて労働災害の防止を呼びかけている。

 こうした状況のなか、池袋労働基準監督署では「大規模建設工事労働災害防止連絡協議会および職長会連絡会(大建協)」を立ち上げた。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年9月15日第2314号

あわせて読みたい

ページトップ