熟女キャバクラを送検 ホステスなど18人に計860万円の賃金支払わず 名古屋北労基署

2018.08.27 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知・名古屋北労働基準監督署はホステスなど18人の労働者に2カ月分の賃金を全く支払わなかったとして、合同会社プレクラスニー(愛知県名古屋市中区)と同社の代表社員を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで名古屋区検に書類送検した。

 同社は名古屋市中区で「クラブ・アベレージ」という名前の熟女キャバクラを営んでいた。代表社員はホステスら18人に対し、平成29年5月~6月分の賃金を全く支払わなかった。不払い総額は859万9140円に上る。同店は29年7月8日に閉店しており、経営不振によるものとみられる。

 ホステスらは時給制で働いており、タイムカードによって労働時間管理もされていた。歩合部分は設けられておらず、成績によって時給を変えていたという。

 同店の閉店後、労働者から「給与が支払われない」と申告があり違反が発覚した。同労基署は同社を事実上の倒産として認めた。ホステスら18人は未払い賃金立て替え払い制度による救済が図られるという。

【平成30年8月9日送検】

あわせて読みたい

ページトップ