ベトナム人実習生など7人に賃金不払い 衣料品のプレス加工会社を送検 一宮労基署

2018.05.17 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 愛知・一宮労働基準監督署はベトナム人技能実習生など計7人の労働者に対し、2カ月分の賃金を支払わなかったとして、㈲井上プレス(愛知県一宮市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで一宮区検に書類送検した。

 同社の代表取締役は琴祥(きんしょう)とココペリーナプラゼタンの屋号でも事業を行っていた。事業内容は婦人服のアイロンプレスなどだった。同社は正社員1人を、琴祥はパートタイマー2人を、ココペリーナプラゼタンはパートタイマー1人とベトナム人技能実習生3人を雇用していたが、平成29年7~8月分の定期賃金を支払わなかった。不払い総額は118万9096円に上る。

 労働者の申告により同労基署が捜査したところ、不払いが認められた。同社の代表取締役は容疑について認める供述をしており、不払いの理由について「経営難で支払えなかった」と話しているという。同社は平成29年9月8日に事業を停止した。労働者7人は未払い賃金立て替え払い制度によりすでに救済が図られている。

【平成30年4月24日送検】

あわせて読みたい

ページトップ