33人に違法残業 トラック運送会社を書類送検 福井労基署

2018.04.09 【送検記事】

 福井労働基準監督署は、違法な時間外労働をさせたとして、一般貨物自動車運送業の北陸明治運輸㈱(福井県福井市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで福井地検に書類送検した。

 同社は、平成29年3月の間、1日7時間、1カ月127時間を限度時間とする36協定を締結していたにもかかわらず、それを超過する違法な時間外労働をさせていた。1日の限度時間を超えて違法な時間外労働をしていた労働者は、33人に上る。

 「全国的にトラック運転者は不足しており、福井県も例外ではない」(同労基署)としている。

【平成30年3月15日送検】

あわせて読みたい

ページトップ