倉庫新築工事現場で死亡労災 元請・下請の双方を送検 白河労基署

2017.10.04 【送検記事】

画像はイメージです

 福島・白河労働基準監督署は、元請として墜落防止措置を講じなかったとして建設業の㈱IHI物流産業システム(東京都江東区)と同社現場代理人を労働安全衛生法第31条(注文者の講ずべき措置)違反の容疑で書類送検した。平成29年4月、同社の下請として工事を施工していた㈱エス・ケイ・イー(茨城県水戸市)の労働者が死亡する労働災害が発生している。

 被災者は地上からの高さ12.5メートル付近の作業床の上で吹き付け作業を行っていた際に墜落し、後日死亡している。作業床には手すりなどの墜落防止措置が講じられていなかった。

 被災者が勤務していたエス・ケイ・イー及び同社代表取締役も、墜落防止措置を講じなかったとして同法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で処分されている。

【平成29年9月13日送検】

あわせて読みたい

ページトップ