【今週の労務書】『取締役の教科書――これだけは知っておきたい法律知識』

2013.07.01 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

義務と責任に注目

Amazonにリンクします

 少子高齢化による国内市場縮小の時代にあって、取締役の適切な経営判断の重要性が増している。本書は、取締役として備えておきたい法律知識を整理したもの。法律条文や法解釈、裁判例に沿って、取締役の権限や果たすべき責任、義務を分かりやすく解説している。

 代表取締役とその他の取締役(平取締役)、社外取締役などに共通する義務のほか、取締役の種類に応じた義務を提示した。競業避止義務については、取締役が一律に負う義務と位置付け、競業する同業他社の取締役に就任したケースが義務違反に該当するかなどを解説。義務違反の場合に会社が行える措置として、損害賠償請求や差止め請求、取締役の解任を挙げている。

(岡芹健夫著、経団連出版刊、TEL:03-6741-0043、1800円+税)

ジャンル:
平成25年7月1日第2927号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ