管理台帳の記載ミスめだつ 平成27年の法改正受けて 愛知労働局・派遣事業の監督結果

2017.07.31 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

監督数7割増 行政処分は4件

 愛知労働局は、平成28年度に実施した労働者派遣事業に関する指導監督状況を公表した。監督件数は前年度から68.8%伸びて、派遣元を中心に1050事業場。27年に労働者派遣法が改正されたことから、指導手法を集団指導ベースから訪問などによる個別ベースに変更したことが監督件数急増の原因だ。

 重篤な法違反があったとして行政処分を行ったのは4件。このうち1社は、労働者派遣事業停止命令および派遣事業改善命令を発出したにもかかわらず再度違反したため、2回目の停止命令を出している。

 文書指導を行ったのは285事業場。派遣元、派遣先それぞれ、27年法改正で変更のあった「派遣就業場所の組織単位」や「派遣労働者が60歳以上かどうか」といった項目について管理台帳や派遣契約への記載漏れが多かった。

 労働基準監督署からの情報提供に基づき、派遣元に対して労基署と合同指導監督を実施した例もあったという。

あわせて読みたい

ページトップ