障害者のテレワーク雇用に向けた企業向けコンサルティングを実施―誰もが挑戦でき、活躍できる社会へ(厚労省)

2022.06.15 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、障害者のテレワーク雇用に向けた企業向けコンサルティングを実施している。障害者をテレワークで雇用するにあたり生じる個別具体的な課題について、電話・メール・事業所訪問・オンラインで最大5回まで無料で相談が可能となっている。

 昨年度は、支援機関や企業での事例の紹介等を行う全国フォーラム、障害者雇用におけるテレワークの具体的な導入に向けた手順等について説明する企業向けガイダンスを開催した。

 さらに今般、障害者をテレワークで雇用することを検討している企業、障害者をテレワークで雇用しているものの課題を抱えている企業等に対して、コンサルティングを実施する。各企業の課題や取組状況、雇用する障害者の特性等に応じて、専門アドバイザーが課題解決策の提案等を行う。

▼コンサルティングの詳細やお申込先については、こちらをご覧ください。

障害者のテレワーク雇用に向けた企業向けコンサルティングを実施します
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_26142.html

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。