違反率8.8% 対象労働者の大半が女性に 愛知労働局・令和3年の最賃監督結果

2022.01.05 【監督指導動向】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 愛知労働局の実施した令和3年の「最低賃金の履行確保に関する監督指導結果」によると、実施した251事業場のうち最低賃金法違反があった事業場は8.8%に当たる22事業場だった。最賃未満だった労働者は75人で、うち62人を女性、24人を65歳以上が占めている。

 最賃以上の賃金を支払っていなかった理由(複数回答)は、「適用される最賃額を知らなかった」が9事業場で最も多い。「労働者から最賃未満でも働かせてほしいと申し出があり、合意があれば最賃未満でも良いと思っていた」が5事業場で続く。

 監督指導は、3年1~5月に実施した。

関連キーワード:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。