フォークリフトを10年以上無資格運転 運転者が資材の下敷きになり死亡 町田労基署・送検

2022.01.13 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・八王子労働基準監督署町田支署は、無資格者をフォークリフト業務に就かせたとして、型枠工事業の㈱小関工務店(東京都町田市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで東京地検立川支部に書類送検した。フォークリフトを運転していた労働者が崩れた資材の下敷きになり、死亡する災害が発生している。無資格での運転は10年以上続いていた。

 災害は、令和元年9月19日、同社の敷地内で発生した。被災者は、最大荷重2.5トンのフォークリフトを使用し、鉄製の棒状の資材を運んでいた。10段に重ねていた資材のうち、4段分を別の場所に移動し終えていたが、残りの6段分の下敷きになった状態で発見されている。

 同労基署は、「目撃者がいないため推測だが、倒れそうになった資材を支えようとして運転席から降り、そのまま下敷きになったのではないか」と話した。資格取得の際に必要な安全講習を受けていれば、災害を防げたとみている。フォークリフトの使用方法も用途外だった。

【令和3年11月9日送検】

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。