ドラグ・ショベルの無資格運転で送検 吊り上げた廃材落下し労働者死亡 秩父労基署

2021.12.15 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 埼玉・秩父労働基準監督署は、ドラグ・ショベルを無資格運転したとして、㈲タナカコーポレーション(埼玉県秩父郡)と同社取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。ドラグ・ショベルで吊り上げていた廃材が落下し、下敷きとなった労働者1人が死亡する災害が発生している。

 災害は平成30年12月25日、同社敷地内で発生した。取締役は、ショベルで地上から廃材を吊り上げ、トラックの荷台に積み込む作業をしていた。廃材を吊り上げていたチェーンが破断し、付近にいた労働者が下敷きになっている。

 取締役は、ショベルの資格を持っていないにもかかわらず、運転していた疑い。使用していたショベルには荷の吊り上げ作業を行うためのクレーン機能が備わっていたが、災害発生時はクレーンモードに切り替えていなかった。

【令和3年10月28日送検】

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。