【安全衛生・お薦めの一冊】『職場のメンタルヘルス実践ガイド』

2011.03.15 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

部下の「心のケア」に

 職場でのメンタルヘルス推進の基本は、管理職によるケア(ラインケア)にあるというが、時間的余裕もなく手がまわらないのが本音だろう。本書は、管理職が部下の心のケアについて「すべきこと」「してはならないこと」を具体的に解説。不調サインの見極め方から職場復帰のステップまで、適切な対応方法を示している。

 分かりやすいよう事例を交えているのが特徴。例えば「管理職は、何をどう見なければいけないのか?」の章では、仕事のできる女性社員が人事異動で新しい仕事に就いたものの、成果が上がらず「うつ状態」と診断されたケースを挙げた。これに対し「貢献・協調・努力を認めて関係性を強化する」としている。「関係性」を強化することで、心がよみがえるという。

 資料もふんだんに掲載しており、「メンタル不調のサイン」などのチェックリストは役に立つ。

(ダイヤモンド社刊、佐藤隆著、TEL:03-5778-7240、四六版、287ページ、1600円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
平成23年3月15日第2134号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ