【今週の労務書】『働く人のための時間管理ワークブック』

2021.02.13 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

解決法を多数挙げて選択

 公認心理師、看護師らが著者である本書は、復職者や新社会人など時間管理、タスク処理などに不安を抱えている労働者向けのワークブックとなっている。朝起きるのが苦手、ケアレスミスが多い、複数の仕事を同時に進められずパニックになってしまうなど、業務の進め方に関する問題ごとに項目を設定。書き込み式でそれぞれの個人に合ったオーダーメイドプログラムを作成できる。項目は事例形式で紹介し、問題に対する工夫策などを話し合うグループワークにも使用できるようにした。

 対処方法のひとつとしては、「問題解決技法」を挙げている。課題に対して様ざまな解決手段を多数考えてから、最適な手段を選択してプランを立てる方法を勧めている。

(中島美鈴、前田エミ、高口恵美、谷川芳江、牧野加寿美著、星和書店刊、TEL:03-3329-0031、2200円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

関連キーワード:
令和3年2月15日第3293号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ