労働関連コラム

2020.01.31 【送検記事】
誘導員不在で書類送検 道路復旧工事で死亡労災 宮古労基署

 岩手・宮古労働基準監督署は、平成31年3月に発生した死亡労働災害に関連して、山仲土木㈱(福島県福島市)と同社現場監督を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で盛岡地検宮古支部に書類送検した。  労災は岩手県下閉伊郡岩泉町内の道路復旧工事現場で発生したもの。労働者が車両系建設機械の1種であり、締固めに使用する「ローラー……[続きを読む]

2020.01.30 【社説】
【主張】賃金消滅時効3年は妥当

 厚生労働省が今通常国会に提出する労働基準法改正案によると、賃金請求権の消滅時効期間について、改正民法とのバランスを踏まえ「5年」とするものの、当分の間は「3年」を維持する内容となった。本紙では、以前から賃金台帳などの記録保存義務期間に合わせて3年程度とすべきと主張しており(令和元年6月10日号2面本欄参照)、妥当な判断と評価できる。  ……[続きを読む]

2020.01.29 【Web限定ニュース】
正社員採用 「人材・人数ともに計画どおり確保できた」は5割以下 民間調べ

 2019年の正社員の採用活動において、正社員を採用した企業は26.8%で、このうち「人材・人数ともに計画どおり確保できた」企業の割合が46.5%にとどまったことが、大阪シティ信用金庫が実施した調査で明らかになった。  「人材は採用できたが、人数は計画に達しなかった」、「人数は採用できたが、人材は計画に達しなかった」、「人材・人数ともに計……[続きを読む]

2020.01.29 【送検記事】
時給750円で雇用して書類送検 最賃以下に設定の和菓子店 淡路労基署

 兵庫・淡路労働基準監督署は、最低賃金額未満の時給で労働者を雇用していたとして、「原口松竹堂」の屋号で和菓子製造販売業を営んでいる個人事業主の男性(兵庫県洲本市)を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。  同個人事業主は令和元年5~6月、労働者2人に対して賃金を適切に支払っていなかった疑い。時給を、当時の兵……[続きを読む]

2020.01.28 【Web限定ニュース】
外国人材定着に向け評価基準明確に 関東経済産業局がセミナー

 関東経済産業局は11月26日、外国人材活用促進セミナーを開催した。  (一社)留学生支援ネットワークの久保田学事務局長が、外国人材定着のための社内体制整備について説明した(写真)。  日本企業の課題として、能力と成果に応じた評価がなされないことや給与が低い点など、キャリアに対する外国人材の不満が圧倒的に多いことを挙げた。  採用目的・役……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ