『雇用管理』の労働関連コラム

2019.06.22 【書評】
【今週の労務書】『外国人雇用の実務必携Q&A〔第2版〕─基礎知識から相談対応まで─』

改正入管法に対応  本書は、外国人の採用準備から退職・解雇に至るまでの雇用管理面の留意事項をQ&A形式で示したもの。労働条件や労働環境、懲戒処分などに関する企業からの相談事例に基づき、労使トラブルの予防・解決に向けた対応を明らかにしている。改正入管法に対応し、新在留資格「特定技能」の対象職種や取得要件、取得の流れなども示した。  採用前に……[続きを読む]

2016.05.23 【書評】
【今週の労務書】『企業労働法実務入門 書式編――はじめての人事労務担当者からエキスパートへ』

これ1冊で実務回せる 「実務」とは「書式」――本書を著した研究会代表弁護士が語るように、「これ1冊で人事実務を回せる」が本書のコンセプト。労働・社会保険の基礎を説いた前作の続編で、担当者なら知っておくべき300超の関連書式を網羅し、いつ・いかなる時に・どう書くかを個々に解説、裁判時の証拠資料として使えることにも配慮しつつ、戦略的・実践的に……[続きを読む]

2014.01.27 【書評】
【今週の労務書】『解雇改革 日本型雇用の未来を考える』

規制の具体化は労使に 労働法学者である著者は、「解雇規制がこのままでよいとは考えていない」とし、規制緩和を唱える経済学者からの問題提起も踏まえながら、あるべき姿を模索する。肯定・否定によらず極論ばかりがクローズアップされがちなテーマだが、本書はむしろあらゆる主張・論点を俎上に載せ、慎重な検討を積み重ねていく。 提示される改革の方向性は、現……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ