『美容業』の労働関連コラム

2019.02.12 【送検記事】
虚偽陳述で美容室を送検 割賃不払いの隠蔽図る 不払いでの立件は断念 大分労基署

 大分労働基準監督署は、割増賃金の不払いを隠蔽する目的で、労働基準監督官に虚偽の陳述などを行ったとして、㈲シュウズ・クラブ(大分県大分市)と同社の代表取締役を労働基準法第101条(虚偽の陳述等)違反の疑いで大分地検に書類送検した。  同社は大分市内で美容室を1店舗経営している。代表取締役は平成30年7月30日、同労基署の臨検監督に対し、虚……[続きを読む]

2015.10.13 【送検記事】
賃金53万支払わず送検 佐賀労基署

 佐賀・佐賀労働基準監督署(糸山喜勝署長)は、最低賃金額以上の賃金を所定支払日に支払わなかったとして、同県小城市の脱毛サロン業を営む個人事業主を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで佐賀区検に書類送検した。労働者1人に対し、平成26年11月~27年1月の賃金計53万7000円を支払っていなかった。 賃金不払いは、労働者が申し出たこ……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ