『労働条件』の労働関連コラム

2019.11.10 【社労士プラザ】
企業から求められる存在に/社会保険労務士法人 竹内労務事務所 代表社員 竹内 隆

 かつて、日本の企業の寿命は30年といわれていた。しかし2018年の平均寿命は23.9年と短くなっており、いずれは15年、10年になるだろうとの話もある。  リーマン・ショック以降の景気はある程度持ち直しており、全体の倒産件数は減少傾向にあるが、それは大企業の話であり、中小企業の倒産件数はほとんど減っていない。中小企業庁の発表によると、平……[続きを読む]

2019.11.02 【書評】
【今週の労務書】『実例から学ぶ パートタイム労働者のトラブル解決と防止策のすべて』

50のトラブル参考に  パートタイム労働者の雇用管理の基本や現状、トラブルの防止策を説くのが本書。同一労働同一賃金など最新の雇用管理にも触れ、法規制への不十分な理解から発生する各種問題に対処している。  現状の問題点として、雇入れ時の労働条件明示の不徹底などを挙げた。労働条件の明示は労働基準法第15条により義務付けられているが、パートタイ……[続きを読む]

2019.08.29 【監督指導動向】
個別労働紛争相談件数が過去最多の4367件 新潟労働局・平成30年度

 新潟労働局は、平成30年度の個別労働紛争解決制度の施行状況をとりまとめた。民事上の個別労働紛争の相談件数が過去最多の4367件に達している。  総合労働相談件数は、前年度から1.4%に減少したものの、3年連続で1万4000件を超えて1万4658件だった。  個別労働紛争の相談件数は、前年度から6.3%増加した。内容をみるといじめ・嫌がら……[続きを読む]

2019.08.11 【よく読まれた記事】
日本郵便 病気休暇の無給扱いで損害 1審から賠償増額 東京高裁【2019年上半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 日本郵便 病気休暇の無給扱いで損害 1審から賠償増額 東京高裁 2019年1月22日【労働新聞ニュース】  日本郵便㈱(東京都千代田区)の時給制契約社員3人が正社員との労働条件の差を違法として訴えた裁判で、東京高等裁……[続きを読む]

2019.08.10 【よく読まれた記事】
月平均34万5000円 月間労働時間は210時間 運輸労連 賃金等調査【2019年上半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 月平均34万5000円 月間労働時間は210時間 運輸労連 賃金等調査 2019年3月11日【労働新聞ニュース】  運輸労連(難波淳介中央執行委員長)の賃金労働条件実態調査(2018年6月現在)によると、回答した14……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ