『労働安全衛生』の労働関連コラム

2020.05.27 【書評】
【安全衛生・お薦めの一冊】『みんなでチェック! 危険な建設現場のイラスト事例集』 NEW

作業員の安全衛生教育に  本誌好評連載中の「どんな災害が起こる?」と以前掲載していた「どこに危険が?何が不安全?」が本になった。本書は、建設業向けに構成。「ガス管の交換」「うま足場での作業」など現場の作業場面を想定した36事例を「地質・地盤」「火気・解体」「足場」など8つのカテゴリーに分けて掲載している。  活用方法は、本誌連載と同じ。作……[続きを読む]

2019.10.07 【Web限定ニュース】
作業様態に合わせた腰痛予防策を 安衛研・技術講演会を開催

 (独)労働者健康安全機構労働安全衛生総合研究所は9月24日、令和元年度安全衛生技術発表会を大田区産業プラザPiO(東京・大田区)で開催した。新たな時代の安全衛生管理をテーマに4題の発表が行われた。  職業性腰痛の予防対策と今後の重量物規制について講演した産業疫学研究グループの岩切一幸部長は、業種に応じた作業様態別の対策を解説。製造業の場……[続きを読む]

2019.08.10 【よく読まれた記事】
ホワイト企業ランキングTOP100を公開 安全衛生優良企業マーク推進機構【2019年上半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに掲載した記事で、2019年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 ホワイト企業ランキングTOP100を公開 安全衛生優良企業マーク推進機構 2019年6月1日【Web限定ニュース】  安全衛生優良企業マーク推進機構は、6月1日の採用活動選考解禁に伴い、独自のデータベース「優ジロウ」……[続きを読む]

2019.08.10 【Web限定ニュース】
労災防止の最新機器が並ぶ 視聴覚教材も多数展示 日本能率協会・労働安全衛生展を開催

 (一社)日本能率協会は7月24~26日、メンテナンス・レジリエンスTOKYO2019を東京ビッグサイトで開催した。第6回労働安全衛生展には、安全教育や安全設備などを販売する53社が参加。監視員の合図を感知して鳴動するヘルメットや高所作業のリスクをなくすための昇降型作業台、フルハーネス型墜落制止用器具など、最新機器やアイデア製品がずらりと……[続きを読む]

2019.06.25 【書評】
【安全衛生・お薦めの一冊】『安全・健康・環境におけるトップの覚悟と役割 リスクベースで取り組む安全操業』

リスクベースの思考法を  労働安全衛生マネジメントシステムを法令に取り込んで以降、わずかながら事故・災害防止の後追い行政に改善が見られる日本。しかし、実際に事故や災害が起きてからでないと法令などの見直しに着手できない構造は旧態依然のままである。  いざ災害が起きれば大災害につながりかねない石油・化学プラントの保安分野で長年働いてきた2人が……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ