『元請』の労働関連コラム

2022.04.29 【送検記事】
河川改修工事現場の労災かくし 指示した元請の現場代理人も送検 横浜西労基署

 神奈川・横浜西労働基準監督署は、元請会社の現場代理人と共謀し、労働者死傷病報告の提出を数カ月遅らせたとして、㈲高栄建興(東京都八王子市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の疑いで横浜地検に書類送検した。下請の労働者が4日以上休業した労働災害について、「労災にしないで」と下請に指示を出していたとして、元請の現場代理人……[続きを読む]

2022.04.23 【監督指導動向】
4割弱で安衛法違反 令和3年12月・建設業一斉監督結果 和歌山労働局

 和歌山労働局は、令和3年12月に建設工事現場89カ所に対して実施した一斉監督結果を公表した。89現場のうち34現場(38.2%)で労働安全衛生法違反が発覚し、是正勧告などを行っている。  主な違反は、墜落・転落防止が42件、元請事業者における各種管理者などの選任などを指す「安全衛生管理面」が23件などとなっている。34現場のうち6現場に……[続きを読む]

2022.04.20 【送検記事】
ポンプ車のブームが激突し労働者死亡 元請と下請を送検 宮崎労基署

 宮崎労働基準監督署は、建設工事現場で最大荷重を超える長さのホースを使用したとして、下請であるコンクリート圧送業者を宮崎地検に書類送検した。同時に、下請が不適正な作業計画を提出したにもかかわらず、変更を指示しなかった元請の建設工事共同企業体とその代表会社も送致している。コンクリートポンプ車のブームが折れて下請の労働者に激突し、死亡する労働……[続きを読む]

2022.02.23 【送検記事】
元請・下請を送検 地上27メートルの足場で墜落措置講じず 和歌山労基署

協議組織も設けず  和歌山労働基準監督署は、令和3年4月に発生した労働災害に関連して、合計2社2法人を労働安全衛生法違反の容疑で和歌山地検に書類送検した。足場の墜落防止措置を講じていなかったなどの疑い。  元請事業者で解体工事業の㈱シマブンコーポレーション(兵庫県神戸市)と同社工事責任者は、同法第30条(特定元方事業者等の講ずべき措置)違……[続きを読む]

2021.12.31 【よく読まれた記事】
労働者が運転席から投げ出され死亡 誘導員を配置せず送検 安芸労基署【2021年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2021年に掲載した記事で、2021年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2021年9月6日掲載【送検記事】  高知・安芸労働基準監督署は、令和3年1月に発生した労働災害に関連して、森松工業㈱(=森松・濱田特定建設工事共同企業体の代表者、岐阜県本巣市)と同JVの現場代理人を労働……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。